かずねっと

京都に移住した元引きこもりが自分の殻を破って人生楽しく生きるブログ!

「仕事した分だけお金貰える」のは当たり前?じゃないよねって思った話

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:kaz1986:20160702230319j:plain

「仕事した分だけお金が貰える」って、とてもシンプル。

でもこれって当たり前のようだけど、全然当たり前に行われていないよね。

 

「仕事した分だけお金が貰える」のは当たり前?

接客中、お客さんにクラウドソーシングの話を少ししてたら、こんなこと言われました。

俺「やった分しか(お金)貰えないですからね~」

客「当たり前やん。仕事ってなんでもそうやん」

仕事した分だけお金が貰える。確かに当たり前のように思えるけど、今の世の中それは全然当たり前じゃないよねって思いました。

 

サービス残業の存在

わかりやすい所で、「サービス残業」なんて言葉がありますよね。

より多くの仕事をこなしても対価が支払われない、ということがままあります。

「仕事した分だけお金が貰える」が当たり前ではない。 

 

雇用形態による違い

全く同じタスクをこなしても、雇用形態によって給料が変わります

これは工場で働いたら分かりやすいかも。正社員もバイトも、全く同じことやってるから。

でも雇用形態によって給料には雲泥の差が出てきます。

 

仕事した分だけお金が貰える」って、全然当たり前じゃない!

 

クラウドソーシングは仕事した分だけお金が貰える

現在クラウドソーシングをやっていますが、これは「仕事した分だけお金が貰える」っていうのが当たり前です。

単価がバラバラだったりはしますけどね。

サボったら貰えない、頑張ったらその分稼げる。シンプルイズベスト。

 

まだあんまり稼げてないけど、やれば収入が増えるっていいなーと思います。

パソコンとネット環境あれば出来るし、いい時代になったなーと。

 

ちなみに自分はこの2つに登録してます。

が、今のところは「ランサーズ」がメインですね。

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

こっちも大手の「クラウドワークス」 

 

おわりに

「仕事した分だけお金貰えるって当たり前やん」と言われたけど、後になって「違うよな~」って思ったので、つらつら~っと書いてみました。