かずねっと

関西地方でフォトグラファーとして活動を始めたなかかずのブログ

SF好きにおすすめの作品!桜坂洋「All You Need Is Kill」【小説・マンガ・映画】

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:kaz1986:20160405212619j:plain

今日は小説、漫画、そしてハリウッド映画とメディアミックス化された作品

All You Need Is Kill

を紹介しまーす!

 All You Need Is Killってどんな作品?

舞台は、異星人が地球に送りこんだ「ギタイ」と呼ばれる敵に襲撃を受ける地球。人類は「機動ジャケット」と呼ばれるパワードスーツを投入し、ギタイとの劣勢な戦いを続けていた。

主人公キリヤ・ケイジは、ギタイと戦う統合防疫軍に初年兵として入隊するが、初出撃で絶望的な戦場へと送り込まれ、そこで圧倒的な戦闘力を持っている若き少女兵士リタ・ヴラタスキの援護を受ける。キリヤは瀕死の重傷を負うものの最期の力を振り絞り、ギタイと相打ちになって死亡するが、なぜか意識を取り戻すと出撃前日の朝に戻っていた。

 「異星人」「パワードスーツ」そして「時間が戻る(タイムループ)」と、SF好きには興味をそそられるワードがたくさん。

 

自分はあらすじ見ただけで

何これ!おもしろそう!w

ってなりました(笑)

 

原作は2004年に発売されたライトノベル

周りは敵だらけで逃げられない&死んだら巻き戻るって、そんなの絶対頭おかしくなりますよね。確実に死ぬ、しかもそれを延々と繰り返すわけですから。

実際主人公も頭おかしくなりかけてます。

その状況から抜け出せるのかどうか…。

そしてクライマックスは衝撃的。

 

 SF小説とは言っても、SFにありがちな「よくわからない固有名詞」はあまりないので、結構読みやすいですよ。

 

2014年、小畑健により漫画化

「ヒカルの碁」や「デスノート」を描いていた小畑健により漫画化されました。全2巻。

漫画版は話の順序が少し変わっていたり、端折られているエピソードがあったりはしますが、基本的に原作に沿って描かれています。

 

そして、さすがの画力

「戦場のビッチ」と呼ばれる女兵士、リタ・ヴラタスキがめちゃくちゃ可愛く描かれてますw

 

ちなみに自分はこの漫画版から入りましたw

やはり漫画だけあってサクサクっと読めちゃうので、まずはこれから読んでみるのもありですね。

気に入ったら原作も読んでみる、って感じでもいいかもしれないですw

 

同じく2014年、トム・クルーズ主演で実写映画化

映画版はタイムループ、主人公と凄腕の女性兵士といった、この作品の根幹となる設定は同じです。

しかしその他の設定やストーリー展開はだいぶ違います。結末も。

 

実写映画化されたら微妙になった…なんて作品もたくさんありますが、映画版「All you Need Is Kill」の改編は良いです!!

 

原作の良さを損なうことなく、ハリウッド映画として楽しめる作品となってます。

原作を読んだことがない人でも1つの映画として楽しめる内容です。

 

おわりに

原作、漫画、映画…どれも目が離せないラストとなってます。

ある意味正反対の終わり方をするんですが、そのどちらも良いのです。

 

メディアミックスのおかげで小説好き、漫画好き、映画好きなど、より多くの人が楽しめます!

どの媒体で見ても面白いので、取っつきやすいのを選んで見てみてください!