かずねっと

京都に移住した元引きこもりが自分の殻を破って人生楽しく生きるブログ!

MENU

「あるがまま」を受け入れよう!イライラしなくなって優しくなれる!

スポンサーリンク

f:id:kaz1986:20160410000230j:plain

昔は些細なことでもすぐにイライラしていました。不登校・引きこもり・ニートになっていた時期は特に心が荒んでいましたね。

でも最近では滅多にイライラしなくなりました。目の前で起こった出来事をただあるがままに受け入れることが出来ると、イライラしなくなるんです。 

 

思い通りにならないことが起こるとイライラしてしまう

イライラする理由は人それぞれいろいろありますが、「自分の思い通りにならない」とイライラしてしまう…ということが多いのではないかと思います。
過去の自分を振り返ってみても、何か「思い通りにならないこと」が起こると、すごくイライラしていましたね。

 

あるがままを受け入れるとイライラしない

何か自分の思い通りにならない出来事が起こったとしましょう。

その時に「なんでそうなるんだ!」なんてイライラをぶつけた所で、その出来事が無かったことになるはずもありません。コップからこぼれた水はもう元には戻りません。

 

だから、起こってしまったことはただ認めて、そのまま受け入れましょう。

コップの水がこぼれたなら、「ああ、こぼれちゃったな」とただ受け入れればいいんです。水がこぼれたことでカーペットが濡れたなら、拭けばいいだけ話です。 

 

起こったことは受け入れて、次にやるべきとこを淡々とやればいいだけ。そうすると些細なことでイライラしなくなりますよ。

 

受け入れる強さは優しさに変わる

性格や言葉遣い、しぐさや態度など、人それぞれ個性があります。自分にとって気に食わない人にはイラッとしてしまうこともあるでしょう。

でもそこで「この人はこういう人なんだ」とあるがままを受け入れると、イライラしなくなって優しく接することが出来るようになります。

 

受け入れる=肯定、ではない

あるがままを受け入れるとイライラしなくなって優しくなれますが、何もかもを肯定するというわけではありません。

 

コンビニで働いてるとよくあることなんですが、ゴミ箱が目の前にあるのに駐車場にゴミを散らかしていく人が結構います

改造したバイクに乗ってるような若いチンピラ達は当然のように散らかしていきますし、キチっとしたスーツを着たおっさんでもポイ捨てしたりします。

 

でもそういう人を見てもイライラはしないんですよね。ただあるがまま「ああ、そういう人なんだな」と受け入れてるから。

この時の「受け入れる」は、行為を肯定してるわけではないです。本当にただ「起こったことを受け入れてる」だけ。

心の中で静かに「クズ人間だな」と思うだけです。これは決してイライラではないですよ(笑)

 

まとめ

ただあるがままを受け入れるっていうのは、案外難しいことです。ゴミをポイ捨てするような「クズ人間」も世の中には大勢いますからね。それらを受け入れるのって、どうしてもイライラしがちだから難しい。

 

でもそういった出来事ですら受け入れられるようになると、ちょっとやそっとの事ではイライラしなくなります。

そうしてイライラしなくなった分、周りに優しくなれるのです。

難しいけど、ぜひぜひ「受け入れて」みてください。世界が変わりますよ!

 

「あるがままを受け入れる」っていうのは、仏教で教えられていることでもあるみたいなので、そういった本を読んでみるのもおすすめです。