かずねっと

関西地方でフォトグラファーとして活動を始めたなかかずのブログ

時間に厳しい割に、無駄を省こうとしないのはなぜ??

この記事をシェアする

スポンサーリンク

始業時間、待ち合わせの時間、公共交通機関etc...
時間に遅れることには物凄く厳しいのに、無駄なことして時間を浪費してる人多くないですか?
すごくナゾです。 

 

時間に物凄く厳しい

学校、会社、待ち合わせ、交通機関の出発・到着時間などなど、「時間」には物凄く厳しいですよね。
学校や会社に遅刻すれば怒られます。会社の場合は「遅刻した時間」以上の時間分の給料を引かれることもあります。
待ち合わせに遅れれば相手からの信用を損ねることになります。
電車や飛行機の出発時間が遅れようものなら、大ブーイング間違いなしです。下手すると怒号の嵐です。

とまあ、 「時間」に関しては、少しの遅れも許されない程厳しい世の中ですよね。

f:id:kaz1986:20160409005136j:plain



その割には無駄なことをして時間を浪費している

そんな風に時間に厳しい一方で、無駄が多かったり時間効率考えてなかったりと、時間を大事にしようとはしていない人が多い気がします。
以前の職場も今の職場も、遅刻等には厳しいですが、無駄の多い作業内容があっても改善しようとはしないんですよね。

本当に不思議です。

ダラダラと、やる必要の無さそうな時間を潰すだけの作業をやったり、作業内容に無駄が多かったり、効率よく人を動かすことが出来なかったり。自分が効率厨だからかもしれませんがw
時間の無駄が多いなーと感じます。


時間には厳しい割に、無駄が多いお陰で残業しても、それは特に問題にならない。
って、おかしくないですか?
もっともっと効率の良い方法を考えて、作業時間短縮して残業を無くそうって考える人が少ないのが不思議です。

そもそも無駄を省くことを諦めてる

「こうした方が早くなりませんか?」って提案しても、「ずっと今のやり方でやってるから」「今のやり方が一番いい」「面倒くさいけどこれしかない」とかとか。
もう考えるのを放棄しちゃってます。 無駄を省くことを諦めちゃってます。でも遅刻に関しては口うるさいです。
本当にもう、時間に厳しいなら効率も考えましょうよっていつも思います。

適材適所というものがない

明らかに「この人はこの作業が苦手なんだな」ってのがありますが、それでもその人にその作業をさせ続けます。
無理にその人にさせなくていいじゃん?って思います。パパッと出来る人にやらせて。その人にはその人の得意な作業をやってもらったらいいのにって。

たぶんこれ、画一的な人間を育てるという日本の教育システムのせいじゃないかなと思います。
その教育システムの中で育ってきたから、得手不得手を考えずに画一的にやらせることしか出来ないんだろうなと。 

 

勤務時間が決まっているから無駄を省かない

なんで効率悪いことをいつまでもやり続けるのかなーって考えた時、思いついた理由がこれです。

どんなに暇だろうが、やることが無かろうが、決められた終業時間までは絶対に帰ってはいけないってのがあるから、無駄がなくならないんだろうなと。
「やることないけど終業時間までまだあるから」と言って無駄な作業をやらせます。

「○○時までは居なきゃいけない」 ってのがあると、早く終わった時にやることが無くなって困ってしまいます。
だから無駄を省こうとしないんだなーと。そう考えました。

また、テキパキ仕事終わらせて後はのんびりしていた場合、「仕事しろよ」って空気になります。
最後の最後まで仕事してる「フリ」をしてないと、「仕事しない人間」とレッテルを貼られます。
そんな風潮も、ダラダラと効率悪いことをし続ける要因になっているかと思います。

お陰で、作業量が多い時にグダって残業になります。正直アホくさいです。 


早く終わらせてもメリットがないから無駄を省かない

テキパキと効率よく仕事を終わらせたところで、別の仕事をふられたりして結局仕事量が増えます
早く終わらせても給料上がるわけでもありません。「終わったら帰る」なんて言ったら給料減らされることになるかもしれません。時給の場合顕著ですよね。終わらせるのが早ければ早いほど給料が下がるんですから。

効率を追求してもデメリットを被るだけなら、そりゃ誰も効率なんて考えませんよね。

 

まとめ

要領よくやってさっさと終わらせたいなって考えながら仕事してるけど、システムとか風潮とかが変わらないと無駄は無くならないんだろうなーって思いました。
無駄をなくしたら自由になる時間が出来て、今よりもやりたいことがやりやすい世の中になると思うんだけどな。 
「勤務時間」という括りがダメなんだな、きっと。