かずねっと

京都に移住した元引きこもりが自分の殻を破って人生楽しく生きるブログ!

【過呼吸体験】不登校になったら、再び学校に行くのが死ぬほど怖かった件

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:kaz1986:20160721154353j:plain

どーも!昔はガチ引きこもりのコミュ障だった、なかかずです!

私は高校入学後、すぐに不登校になり、そのまま約2年間引きこもっていた過去があります。(その間休学扱い)

それから再び高校に通うようになるんですが、再び通いだす前日は死ぬかと思いましたよw

 

今は人生楽しんでるけど、昔はガチの引きこもりだった

私は現在、接客業やってお客さんと世間話したり、ネット上の知り合いに会いに行ったりと、かなり積極的な性格になって、人生楽しんでます。

「なかかずさんノリいいですねw」って言われるぐらいには面白おかしいこと言いますしw

 

そんな感じなんで、リアルで知り合った人(過去を知らない人)に不登校で引きこもりだったことを明かすと、やたらビックリされますw

「全然そんな風に見えない!」

って(笑)

それくらい、明るい人間になりました。

 

が、高校時代は約2年引きこもってました。

家からほとんど出ずに一日中ゲームやってて。

両親ともあまり話さなくて。

そうして、家に、自分の殻に閉じこもっていました。

 

あることがきっかけでまた学校に通いだすが・・

2年近く引きこもってから、あることがきっかけでまた学校に通おうと決意したんです。

こちらの記事にも書いてます。


引きこもっている時に、

「このままじゃダメだ・・でもどうしたらいいんだろう・・」

 ってずっと悩んでて。

 

そんな中、たまたま近くでバイトの募集があったので勇気を出して行ってみたんです。

そしたら、

「ここに来る勇気があるなら学校にも行けるよ」

って言われて、また学校に通う決心が付きました。

 

で、翌年度からまた通い出したんですが、いよいよ学校だ!っていう前日、怖くて、プレッシャーに押しつぶされて、過呼吸になりましたw

 

過呼吸と動悸で、死ぬかと思った

学校に通い出す前日の夜。いや、前々日だったかもしれませんが(笑)

人の大勢いる場所へ行くこと、昔の同級生とは学年が違うこと。

「やっていけるのかな?」って不安に襲われて、息が出来なくなりました。

 

息を吸っても、吸えてない。

吸っても吸っても、吸えてない。

なんか肺まで届いてない感じ。

 

どんどん苦しくなっていって、体中から血の気が引いていって。

「え、このまま死んじゃうかも・・」

なんて恐怖にも襲われて、心臓バックバクです。

 

どのくらい時間が経ったか覚えてませんが、しばらくしてからなんとか治まりました。

その間は顔面真っ青だったらしいですw

 

いやもう、あの時は本当に死ぬかと思いましたよw

 

引きこもり脱出には相当なエネルギーが必要!

ガチで引きこもってると、そこから抜け出すには相当なエネルギーが要るんですよね。

私の場合は「過呼吸」になりました。

 

引きこもりから脱出するには、外の世界に対するプレッシャーや恐怖に打ち勝たないといけないんですよね。

めちゃくちゃエネルギーが要りますよ。

 

で、それって周りが無理やり外に出そうとしてもダメなんですよね。きっと。

引きこもってる本人の意志が大事です。

周りはそれを支えてあげる感じで。

 

私の場合、いきなり「学校に通う」だったから余計エネルギーが必要だったのかも知れませんがw

初めは散歩とか、ちょっとどこかに遊びに行くとか、そんな気軽な感じがいいかもですね。

それでも、相当なエネルギーが必要なことには変わりありませんが。

 

今では全部良い経験

こうやって文章にすると、ちょっと重たい印象になってしまいますけど、もはや笑い話ですよw

こういう経験もあって今の自分がある。

「昔は引きこもっててさーwあっはっはーw」

なんてテンションw

 

引きこもってたのも、過呼吸になったのも、今となっては良い経験ですw