かずねっと

関西地方でフォトグラファーとして活動を始めたなかかずのブログ

【モンスターズ/地球外生命体】旅する男女と、ときどきタコ【映画レビュー】

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:kaz1986:20160510005125j:plain

あまり評価がよくないけど、どんなSF作品かなと敢えて観てみた。評価通りだった。

モンスターほとんど出てこないし、後に残るものも何もない、そんな映画(笑)

 

以下ネタバレあり。

 

モンスターズ/地球外生命体とは?

低予算で作られた2010年のイギリス映画。

モンスターの繁殖している危険地帯となってしまったメキシコから、アメリカを目指す男女の旅物語。

SF混じりのロードムービーです。緊迫感が出てたのは冒頭だけで、あとはゆったりと旅しながらアメリカを目指します(笑)

 

下心丸出しで学習能力のないカメラマン

主人公のカメラマンが、新聞社の社長から「娘をアメリカまで連れて帰ってきてくれ」と言う指令を受けて旅が始まります。

が、初っ端から下心全開、丸出し、おっぴろげですww

 

旅の途中のある晩、酔っぱらってしつこく誘いますが断られ、その辺の女性を宿泊している部屋に連れ込む主人公

さらにその連れ込んだ女性にパスポートやらお金やら船のチケットやらを盗まれる始末w

もうどーしよーもないアホ野郎ですw

 

また、モンスターは光に向かっていくという習性がわかる描写があって、主人公もそれに気付きますが、その後眩しいほどの明かりが点いたショップで休憩。当然モンスターがやってきます。

 

光に寄ってくるんだなって分かりきってるやんw電気消すなりしようよww

 

踊る巨大タコ

この映画に出てくるモンスターは、どう見てもタコです。ただのデカいタコです。

全く強そうに見えません。スミを吐いたりもしません。このタコに何故ここまで侵略されているのか全くわかりません。この映画最大の謎です。

 

終盤、タコが2匹出てきます。そのタコが向かい合い、触手を絡ませ左右に揺れる…

完全にフォークダンス…

 

そしてそれ見て涙を浮かべる二人…

 

どういうことだってばよ…

 

私の頭では理解が追いつきませんでした。

 

まとめ

間違いなく観なくていい映画です。

それでも観てやる!という勇気のある方は、時間を浪費する覚悟を持って御覧ください(笑)

Amazonプライム・ビデオで観れるから、レンタル代はかからないのが救いw