かずねっと

京都に移住した元引きこもりが自分の殻を破って人生楽しく生きるブログ!

MENU

レジでミスをしがちな人の特徴と、ミスをしないための考え方

スポンサーリンク

f:id:kaz1986:20161130215622j:plain

どーも、なかかず( @kaz_volley )です。

コンビニのレジでよくミスをしてしまうバイトの子がいますが、どうしてミスを繰り返してしまうのか、その特徴が1つわかったのでご紹介します。

レジでミスをしてしまいがちな人は参考にしてみてください。

 

とにかく早く捌こうとしすぎる

レジにお客さんが並んでいたり、並んでなくても急かされたときなど、早く捌こうと意識してしまうと思います。

このときに、ただただ「急いでやろう」と素早く動いてしまうこと。

これがミスを生んでしまう原因のひとつです。

 

早く動こうとするとどこかで丁寧さに欠けてしまいます。

落ち着いているつもりでも、自然と気持ちに焦りが生まれます。

注意力も散漫になっていきます。

 

そうして、自分でも気付かないうちにミスをしてしまうんですね。

 

学生はこの傾向が強い?

自分が見てきた限りでは、ちょっと仕事に慣れた学生はこの傾向が強い気がします。

「俺は慣れてるから素早く捌けるぜはっはっはー!」

って慢心してるような動きをよく見る。

これじゃミスして当然。

だって、結果として雑になってるから。

 

早くやるよりも丁寧さを優先させる

これを防ぐには“早く捌こうとしないこと”これに尽きます。

お客さんが並んでるから…急かされたから…

そんなのは無視して、ゆっくり丁寧にやるように心掛けましょう。

 

レジはお金を扱うので、ミスをしないことが何よりも大事。

まずは丁寧さを最優先にしましょう。

作業スピードは後から自然と付いてきます。

 

ゆっくり動くことで焦りにくくなる

焦ってしまいそうなときは、普段の動きより気持ちゆっくり動くことで焦りにくくなるんですよね。

「一旦落ち着こう」と自分に言い聞かせるつもりで、ゆっくり動いてみてください。

 

そうは言ってもお客さんに急かされる?そんな時の考え方

丁寧にやっていても、早くしろと急かされることがあるコンビニのレジ。

この時に大事な考え方として、自分が心の中で思ってることを紹介します。

 

急いでるのは客の都合、こっちには関係ない

コンビニはせかせかしたお客さん多いですが、急いでるとか時間無いとか、全部客の都合であってこっちには関係ありません。

「ちゃんと時間に余裕を持って行動してください」と心の中で思いましょう

こっちは淡々と、冷静に、いつも通り丁寧にレジを打てばいいのです。

 

お釣り少なく渡されたら困るでしょ?

お客さんが出したお金やお釣りのやりとりをするとき、心の中で「ミスしたらお互い困るんだからゆっくり確実にやりますよ」と言いましょう。

「そんな急かして、お釣り数え間違って少なく渡されても困るでしょ?」って思っておきましょう

実際、違算を出さないようにするのが大事ですからね。

 

レジで横柄な振る舞いをする客は精神的に未熟な人

コンビニに限らず、レジで店員に対して横柄な振る舞いをする人は、精神的に未熟な人なのです。

もしそういう人がやってきても、焦ってびくびくする必要はありません。

心の中で「あ、残念な人なんだな」って思っておきましょう

そう思っていれば、いつも通り心に余裕を持って仕事ができますよ。

 

人間なんだからミスはする

人間がやる以上、どうしてもミスは起きます。

「どんなに気を付けていても、ミスするときはミスする」ということを頭に入れておけばヘンに緊張することなく、心に余裕ができます。

 

ただし傲慢になるな!

心の中でこんなこと思っていると、人によっては傲慢さが生まれてしまいます。

傲慢には絶対ならないように!

 

丁寧さを忘れない

ここまで読んで、偉そうな店員だな!とかダラダラ仕事してんじゃないの?って思った人もいるかもしれません。

でも、丁寧さはちゃんと常に心掛けているんですよ。

心の中で、上に書いたことを思っているのは確かですが(笑)

 

誠実さがあれば、文句は言われない

気持ちゆっくりめにレジをやっていても、誠実な対応をしていればあまり文句は言われないですよ。

 

自分の場合、落ち度がないようにというか、客に付け入る隙を与えないようなレジ・接客をいつも心掛けています(笑)

 

それでも文句言ってくる人は、「文句言いたい」って気持ちがまず最初にあるので、無視していいです。

 

まとめ:焦らないことが1番!そのためにゆっくりやる!

気持ちが焦ってしまうとどうしてもミスをしてしまいます。

なので焦らないことが大事!なんですが、お客さんが並ぶとどうしても焦ってしまうことがありますよね。

そんな時は敢えてゆっくり動きましょう!

ゆっくり動いて一呼吸置くことで、焦りにくくなりますよ。

 

「心の中で考えてること」も、ちょっと腹黒い感じですがぜひ参考にしてみてくださいねw

 

こちらの記事もあわせてどうぞ

www.kaznakayama.net