かずねっと

関西地方でフォトグラファーとして活動を始めたなかかずのブログ

【ターミネーター4】前作と切り離して観たらまぁまぁ面白い。ツッコミ所も多いけど(笑)【映画レビュー】

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:kaz1986:20160504163004j:plain

シュワちゃんこと「アーノルド・シュワルツェネッガー」と「デデンデンデデン」の音楽でお馴染みのターミネーター。その続編…とはちょっと違うけど続編的な位置にある「ターミネーター4」です。

ツッコミ所が多々あったけど、楽しめないことはない、そんな作品(笑)

 

以下ネタバレあり。

 

ターミネーター4とは

人類に反旗を翻した超高性能コンピューターネットワーク「スカイネット」による核攻撃後の、荒廃した世界が舞台。

レジスタンスの部隊長「ジョン・コナー」と謎の男「マーカス・ライト」中心に物語が展開していく。

原題は「4」ではなく「TERMINATOR SALVATION」。新3部作の序章として作られましたが、続編の製作は中止になってます。2015年に公開された「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は、また新たなシリーズ。

ちょっとややこしいですね(笑)

アメリカ映画は監督が変わって作り直されることが多いから仕方ない。。

 

ツッコミ所が多い

ツッコミ所というか辻褄が合わない所がちょいちょい出てきます。

実は「マーカス」は(途中まで本人も気づいてなかったけど)スカイネットが作り出したターミネーターでした。

一応、種明かしのおかげで納得できるシーンもあります。

f:id:kaz1986:20160504154308j:plain

敵の巨大兵器に捕まれて思いっきり叩き付けられても生きてます。この後輸送機から落下して川の上を「水切り」よろしく跳ね飛びますが、それでも無事。

この時は「なんで無事やねんw」と笑ってしまいましたが、「ターミネーターでした」って分かったら死なないのも納得。

 

でもそうすると今度は、「ならばなぜ攻撃を受けるのか?」「なぜ川に沈まず浮き上がることが出来るのか?」と疑問に。

f:id:kaz1986:20160504154835j:plain

お腹に銃撃たれても平気なほど頑丈だけど、沈まず泳げる。どんな素材ですかw

 

f:id:kaz1986:20160504160307j:plain

敵の本拠地にあっさり入れてもらえるマーカス。ジョン・コナーをおびき寄せるために泳がせていたらしいけど、敵(スカイネット)は今までガチでマーカスのこと殺しにかかってたような?(笑)

 

ジョン・コナーも、マーカスの正体を知って「なんだこれは?」と口にしますが…いやいや、あんた過去に人の姿をしたターミネーターに会ってるでしょ(笑)

f:id:kaz1986:20160504160549j:plain

その後脱走したマーカスと、それを手引きした仲間の女性に対して攻撃を加えるジョン。やり過ぎです。過去作の出来事がまるで無かったかのよう。

でも「T-800(シュワちゃんタイプのターミネーター)」のことはすでに知ってるし…うーん?(笑)

 

最後には「心臓移植」をするけど、そんなこと出来る設備や環境がある?と疑問(笑)

とまぁ、ツッコミ所がそれなりに目立ちます。

 

ツッコミ所と過去作の流れを気にしなければ、まぁまぁ面白い

ツッコミ所に目を瞑り、過去作のことも深く考えずSF作品として観れば、そこそこ楽しめます。

f:id:kaz1986:20160504164827j:plain

f:id:kaz1986:20160504165007j:plain

ロボットの動きがいい味出してるんですよね。一歩一歩ゆっくり近づいてくるのは、やはり貫禄がある!

 

f:id:kaz1986:20160504165232j:plain

筋骨隆々な素っ裸のターミネーターも、例の音楽と共に登場!これは熱い!!(シュワちゃん本人ではなくCGによる出演)

 

おわりに

作品単体で観てもツッコミ所があるので、真面目に観るんじゃなくて、お酒でも飲みながら、あるいは誰かとお喋りしながら気楽に観るような作品ですね。

Amazonプライムビデオで観ることが出来るので、暇があればどうぞ(笑)