かずねっと

京都に移住した元引きこもりが自分の殻を破って人生楽しく生きるブログ!

経験者が教える!コンビニ夜勤バイトのメリット・デメリット!

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:kaz1986:20160409003906p:plain

※2017年4月 追記

どーも、なかかず (@kaz_volley) です。

自分は以前、週4~5日のシフトで3年以上コンビニ夜勤のアルバイトをしていました。

現在でも週に1~2日ほど夜勤バイトをやっています。

この記事ではその経験を元にした、コンビニ夜勤のメリット・デメリットについて書いていきます。

 

コンビニ夜勤バイトのメリット5つ!

まずはメリットから見ていきましょう。

 

1.時給が高い

当然ですが、夜勤なので深夜割増があるので、昼間バイトするより時給が高いです。

これは最低賃金の低い地方でも、夜勤だったらそれなりの時給になります。

毎月のお給料は勤務日数によって変わってはきますが、週に2日夜勤バイトするだけでも、結構な生活の足しになりますよ。

そしてもし週4~5日勤務した場合、時給の低い地方であっても生活するのに十分なお給料を貰うことができます。

 

2.夜勤バイトは募集が多く採用されやすい

コンビニはバイトの募集自体が多いですが、入ってくるのは昼間の人ばっかりで、夜勤をやる人は少ないです。

かなりの地方でも毎週のようにどこかしら募集している印象。

そして募集が多いということは、それだけ雇ってもらいやすいということです。

よっぽど経歴に問題があるとか、最低限の礼儀もなってない、とかで無い限りは雇ってもらえます。

それまで数年間引きこもりだった自分でも雇ってもらえましたから(笑)

 

3.要領がよくなる

コンビニで仕事してみたら分かりますが、意外とやること多いんですよ。

  • レジ打ち
  • 宅急便(はこBOONやメルカリなど)
  • 公共料金の支払い
  • 揚げ物、肉まん、おでん、コーヒーの管理
  • 検品・品出し

パッと思いつくだけでもこれくらい。

一つ一つを分けてみたら大したことはないんですが、これらを同時にこなさなければいけないことが多いのです。

レジで「煙草ちょーだい、弁当温めて、あとチキンも1つ」なんて一度に言われることはざらにあります。

そんな時、スムーズに、テキパキとお客さんを捌けるかは、しっかりと順序立ててこなしていくことが必要。

夜勤ではさらに、こういったレジ・接客に加えて、

  • 什器(チキンや肉まんを入れてる機械)やフライヤー(揚げ物専用の機械)の分解・清掃、
  • 床のバフ掛け(業務用の機械で磨くこと)

などなど、通常昼間の仕事ではやらないことをこなさなければなりません。

もちろん他にもいろいろあります。

 

レジをしつつ、他の作業もこなしていかないといけないので、「いかに効率よくやるか」ということを考える必要が出てきます。

そのため、長く続けていると「効率よく動くための優先順位のつけ方」を身に付けることができます。

効率よく作業するには、優先順位のつけ方が大事ですからね。

 

この考え方が身に付くと要領がよくなるので、他の仕事(職種)を始めたときや、日常生活にも役立てることができますよ。

 

スポンサーリンク
 

4.自分のペースで仕事が出来る

これは1人勤務の場合のメリットです。

 

ある程度働く期間が長くなってくると、どの作業がだいたい何分で終わるのか分かるようになってきます。

弁当や雑誌等の商品が入ってくる時間もほぼ決まっているし、お客さんが多いor少ない時間帯もある程度分かってくる。

そうすると、自分で時間をコントロールしながら仕事が出来るようになります。

 

「この時間であれとこれやって。。ここでちょっと休憩して。。何時からあれやって。。」てな具合に自分のペースで仕事が出来るので、好きなタイミングで小休止が取れます。

普通の仕事だと、休憩時間は決まってるし、小休止もなかなか取れないですよね。

なので、「自分のペースで仕事ができる」というのは、コンビニ夜勤バイトの大きなメリットですね。

 

5.コミュ力が上がる

接客ですからね。

ほとんどのお客さんはだまーーってますが、中には気さくに話しかけてくれるお客さんもいます

コンビニと言えど、ちゃんと常連さんも居ますからね。

そういう人たちと話すようになるお陰で、コミュ力が上がります。

自分は元ひきこもりなので、コンビニバイトを始めた当初は人と全然喋れませんでしたが、長いこと続けたおかげでコミュ力が上がった結果、仲良くなったお客さんとご飯行ったり、合コンに誘ってもらったり、結婚式に招待されたりもしましたよ! (マジ

 

コンビニ夜勤バイトのデメリット3つ!

さてここからはデメリットについて触れていきましょう。

 

1.生活リズムが乱れる

人間は夜行性の動物ではありません。夜勤をやっていると生活リズムが乱れ、体調を崩しやすくなります。

精神的にも悪影響です。

たまに徹夜で遊んだりする分にはそこまで問題ないでしょうが、習慣化すると弊害が出てきます。

体調不良になることが増えたり、イライラしてしまうことが多くなったり。

生活リズムが乱れることで、肉体的にも精神的にも悪影響が出てくるので注意が必要です。

 

2.客層が悪い

これは立地にも左右されるでしょうが、コンビニは基本的に客層が悪いです

「お客様は神様だ」という意識のお客が多いんでしょうか。

柄の悪い人が本当に多い。

いきなりけんか腰で話しかけられたりもしますからね。

結構ストレス溜まりますよ。 


逆に言えば、この客層の悪さに慣れたら滅多にイライラしなくなる、というメリットもあります(笑)

 

3.同時進行でやることが多い

これは「メリットその3」のデメリットバージョンです。

同時進行でやるとこが多いので、要領よくやれない場合はキツイです。

態度の悪いお客さんの相手をしながらいろんなことをこなさなきゃいけませんからね。

コンビニバイトは誰でも出来るようなイメージがありますが、ハッキリ言って向いてない人には無理です。

 

まとめ:誰にでも出来る仕事ではないけど、稼ぎやすい

 

コンビニの夜勤バイトはメリット・デメリットいろいろあります。

仕事内容的にも、実は誰でも出来る仕事ではありません。

でも、慣れてしまえばメリットも多く、手っ取り早く稼ぐのにちょうどいいバイトでもあります。

 

コンビニの夜勤バイトに応募しようかなと考えてる方は、メリットとデメリット両方を吟味してみてください。

人生で1度は経験してみてソンはない仕事ですよ。

 

ちなみに、バイト探しは今なら「LINEバイト」がおすすめです。

スマホからでも探しやすいし、応募もサクッとできるので、求人誌見るよりずっといいですw

「LINEバイト」でアルバイトを探してみる

 

 関連記事

コンビニ夜勤って何してるの?ベテラン店員が業務内容をご紹介! - かずねっと

レジでミスをしがちな人の特徴と、ミスをしないための考え方 - かずねっと

【たかがコンビニ】コンビニバイトで身に付けることが出来るスキル【されどコンビニ】 - かずねっと